ようこそ!イラストレーターナツコ・ムーンのお仕事&イベントのお知らせBlogです
『おひとりさまの「法律」と「お金」』カバー&扉 描きました

 
デザイン:熊澤正人(パワーハウス)

WAVE出版『おひとりさまの「法律」と「お金」』中澤まゆみ 著
のカバーと5つの章扉にイラストを描きました。

著者さんが猫好きということで挿し絵は嬉しい猫まみれに...!
この本はまさしくタイトル通り、”おひとりさま”の法律とお金について
大変分かりやすく書かれた実用書です。
私もあなたも今後バイブルになりそうな予感。。

装丁は単なる実用書を超え、センスある仕上がりになっています。
デザインといい用紙の選択といいさすがパワーハウスさんです。
 
       
 
第1章/葬儀と相続 

第2章/離婚したいと思ったら

 
第3章/お金は大事


  
第4章/おひとりさまの病気


第5章/おひとりさまの終わり方


カバーの猫は六法全書に乗っているイメージで。
久しぶりのオール手描きでした。


※この書籍&原画を、今年5月にギャラリーDAZZLEにて開催の
「装画と装幀@2014」に出品することが決定しました。
 興味のある方、ぜひお越し下さいませ。
posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 00:28 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
会報誌『図書設計85号』書きおろし読み切り小説挿画
JUGEMテーマ:アート・デザイン

私の所属しております日本図書設計家協会の会報誌85号にて
北村薫さんの短編小説『白い本』の挿し絵を描かせていただきました。


(表紙デザイン:谷口純平)

エディトリアルデザイン:丸尾靖子
(企画編集・柳川貴代)
 
これは"本"をテーマにした短編小説を贅沢なことに毎回作家さんにわざわざ書き下ろして頂き
凝ったデザインとイラストで魅せる「本迷宮」という試みなのです。

小説のあらすじを言いますと...
読書好きな女子大生の淡い恋心や微妙な心の動きを本の存在を通して確認していく
どこか爽やかなお話、、といったところでしょうか。

イラストのタッチや方向性などは、デザイナーの丸尾靖子さんとあれこれ相談しながら制作しました。
結果、文中に登場した美術館、夏目漱石、神保町もろもろをヌケのある線画で表現する方向に。
またバックのマチエールは、主人公が学生ということもあり、どことなく黒板と白墨を連想させる
ような色味にしてみました。
最終的には丸尾さんの素敵なタイトルロゴと文字組によってぐっと存在感のあるページになったと思います。

posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 23:32 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
『本とふた旅』展 顔出しパネル描きました☆
8月上旬に表参道のオーパギャラリーにて開催の『本と旅』展のお手伝いで 顔出しパネルを描かせていただきました。

    
(展覧会ロゴデザイン:折原カズヒロさん)

 
羊とファラオが似合いすぎの出品者のS畠さんとお客さまのS水さん。
奥で笑顔なのはギャラリーオーナーのF波さんと出品者のF田さん。


さてこのメガネコンビは誰でしょう。 

デザインは出品者のタケナカ・ユウキさんです。
展覧会に合わせてなんと本のカタチになってます! 
ユニークなアイデアですね。
イラストは旅するツタンカーメン王とラクダです。
展覧会の趣旨に合い、観て楽しい&入って楽しいものにしました。

 しかしながらはじめての顔パネということで制作途中は様々な難関がありまして、、
完成品を観た際は感慨無量、結果的にたくさんのお客さまに
楽しんでいただけた様で本当によかったです。

   
ルイ●ィトン風に見えるトランクのモノグラムは、ファラオらしく象形文字ミックスに。
ロゴは「RV」でなく「TK」(ツタンカーメン)です♪
posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 01:35 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
『昇龍の四柱推命開運暦』カバー描きました☆
 JUGEMテーマ:アート・デザイン

のカバーイラストを描きました。

ただいま人気沸騰中、日本で唯一の「奇門遁甲」真伝の継承者
昇龍先生の2014年版の開運指南書です。

2014年は支柱推命学でいう「甲午(きのえうま)」、そして
生い茂る大樹のイメージの年ということで
樹の絵を描かせていただきました。
表4には昇龍先生のモチーフである龍と、
袖に金運お守り用の黄金の葉も描いています。

安定感のある小粋な装丁は白畠かおりさんです☆

支柱推命に疎かった私ですが
このお仕事のおかげで少し勉強することが出来ました。

来年版ですが早くも8月半ばには書店に並ぶそうですので
よろしかったらぜひ☆

この一冊でお金も仕事も恋愛も健康も!
毎月の吉凶方位と365日の運勢カレンダーで
最高の運気をつかんでみませんか...!!


 
posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 15:13 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
「カレイドで魅せる装丁・装画展」西遊記カバー描きました

紹介しそびれた展覧会の作品です。

カレイド印刷(kaleido)にて制作した実験的なブックカバー展でした!




↑本データです。(装丁:小栗山雄司さん)

↑カレイド印刷にて印刷したカバー。カラー部分が本データよりずっとビビットになっています。
(用紙:エルマーメイド シルバーホワイト/竹尾)


↑会場の様子。右寄りのハートフルなポスター2点は城谷斉彦さん作。

テキストは「西遊記」「不思議の国のアリス」「浦島太郎」の3作品。

私ナツコ・ムーンは、「西遊記」に挑戦しました。

シンプルで粋な装丁はブックデザイナーの小栗山雄司さんの仕業です。


イラストはお釈迦様の手の中で孫悟空があがいているイメージにしました。

サイドには桂林の山々、鳳凰、三蔵法師の愛馬、悟空が虜になる桃の木を描いています。


初めての中国ものは苦労しましたがデザイナーさんのフォローのおかげで

無事『アジアン系ちょい渋ファンタジー』に?!

色味は、カレイド印刷の効果を見るため全体的に彩度高めにするべきところを

あまのじゃくの血が騒ぎ、モノクロームメインでビビットカラーをポイント使いにしたのでした。

他の皆さんの作品が予想通りとてもカラフルでしたので、ある意味貴重なサンプルになったかもしれません...!

(ということにしておきます☆)


kaleidoで魅せる装丁・装画』展


◎場所/shibuya355 (JR渋谷駅より徒歩6分)

渋谷区渋谷3-5-5HAKKAビル4F

http://shibuya355.com/?p=207


◎期間/111(金)〜21日(金)※終了しました(ひゃー もう半年前デス...)


*カレイド印刷(kaleido)についてはこちら

http://www.toyoink.jp/products/kaleido/index.html


posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 11:49 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
月刊『フローリスト』予告ページいろいろ
雑誌月刊『フローリスト』の次号予告ページ(B/W)を一気にまとめて掲載...!




(デザイン:千葉隆通/MICHI GRAPHIC)








(デザイン:林慎一郎/及川真咲デザイン事務所)



posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 07:01 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
2013年 あけましておめでとうございます☆

さまざまな想い
だれだって
いつだって
抱えている
年が明けても歳を取っても

なにはさておき

生きている

ということが

いちばんスバラシイ


 

 *  *  *  *  *  * 




本年もよろしくおねがいいたします☆



posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 23:56 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
月刊『フローリスト』11月号もくじ

 誠文堂新光社 月刊『フローリスト』11月号目次イラストです。



この号の2点けっこう気に入ってます。


*月刊フローリストBlogはこちら
       ↓


posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 18:46 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
月刊『フローリスト』8月号もくじ
 




なんと(!)苦手な車を描いてます。



*月刊フローリストBlogはこちら
       ↓




posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 18:19 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
月刊『フローリスト』目次やってます
JUGEMテーマ:アート・デザイン




誠文堂新光社さん発行フラワービジネスとデザイン・アートの情報誌 
の目次を2ページと予告1ページのイラストを
この5月号から描かせて頂いております。

めったにない抽象的な絵でもOKなお仕事なので
毎回楽しんで描いています。

中はこれでもかと(?!)美しくセンスの良い花と緑の写真が満載です。
誌面のデザインも素敵なのです。
とっておきたくなるMOOK本です。

毎月8日発売。
ぜひ書店でお見かけしたらよろしくお願いいたします。



posted by ナツコ・ムーン プロフィール | 14:24 | 渋めモダン系タッチ | - | - |
Search this site